ブランクがある保育士は転職に不利?気になる裏側を徹底解説

ブランクがある保育士は転職に不利?気になる裏側を徹底解説

長い間保育の現場から離れてブランクのある保育士にとって、転職や現場復帰できるのか不安に感じる人も多いでしょう。そこでブランクのある保育士が転職できるのか?調査しましたのでよかったら参考にしてください。

ブランクのある保育士が感じやすい不安

まずブランクのある保育士がどのようなことを不安に感じやすいのか?
ネット上の保育士の方々の声から不安に感じやすいことをいくつかピックアップしてご紹介します。

昔と今の保育の違い

ブランクのある保育士の多くは昔と同じように働くことができるのかを心配しており、特に昔と今の保育の違いに戸惑ってしまうのではないかという人が多いです。
もちろん昔と今で全く同じ保育で良いということではないですが、保育の基本は変わらず昔の経験が無駄になることもないので、今の保育を学ぶ意欲を持ちながらも経験を存分に活かしましょう。

体力が持つのか

保育士は体力仕事なので、子どもとの遊びや日常生活のサポートなどの保育活動に加えて、事務作業やイベントの準備などをする必要があります。
なので、ブランクがあると体力面を不安に感じる人がいるのも当然です。

ただ以前と同じような動きをしようとするから体力が消耗するのであって、体力がついたり職場に慣れてきたりするまでは我慢して自分のできる範囲でこなしましょう。
一番の問題は体力があると過信して昔と同じように動き、その結果、疲れ果ててしまい仕事ができなくなることなので、最初は自分の体力と相談しながら仕事をしてください。

人間関係について

ブランクのありなしに関わらず保育士は人間関係で悩む傾向にあります。
ただブランクの人は通常の煩わしさに加えて、上司が年下になるということが容易に考えられるので人間関係を不安に感じる人も多いようです。

ブランクありの保育士は転職できる?

ブランクがあっても前述したように基本の保育は変わっていないので、貴重な戦力として歓迎される傾向にあります。
むしろ新卒の方が教育に時間がかかるので避けたいと考えている保育施設も多いです。

実際に保育業界は常に人材不足なので、積極的にブランクのある保育士を採用したいという施設も増えてきています。

なのでブランクがあるからといって、最初から妥協せずに自分の働きたい職場の求人を選ぶようにしましょう。

ブランクありの保育士が転職するためにすべきこと

ブランクがあっても転職できるとは言え、不安に感じる保育士の方も多いでしょう。
そこでブランクのある保育士が転職する前にやっておいた方がいいことをいくつかピックアップしてご紹介します。

セミナーや研修を受講する

ブランクがあって不安な保育士は自治体や民間企業が開催しているセミナーや研修を受講しましょう。
保育の基本的なことはもちろん、最近の保育現場の知識や課題を知ることができるため不安を減らした状態で働き始めることができます。

セミナーや研修は無料で開催されているものも多いので、働く前に近所で開催していないか探してみてください。

負担の少ない求人を見つける

ブランクが長ければ長いほど、いきなりフルタイムで夜勤もある大規模の保育園で正社員として働こうとすると仕事についていけない可能性が高いです。
最初はパートや時短勤務、小規模保育園など負担の少ない求人を選ぶと無理なく長く働けるでしょう。

保育士証の所在を確認する

2003年に児童福祉法が改正され、保育士として働くためには保育士証が必須となっています。
そのため、保育士証がどこにあるのか所在を確認してください。

2003年以前に働いていて保育士資格を持っていないという場合は、申請すれば交付を受けることは可能なので、求人に応募する前に必ず準備をしておきましょう。

ブランクのある保育士でも働ける求人情報

最後にほいてんサーチに2020年11月現在公開されている求人情報からブランクがあっても働ける求人の給与や雇用形態に関して紹介します。

ブランク可の保育士求人の平均給料

雇用形態 平均給料
正社員・正職員 月給21.3万円
契約社員 月給18.9万円
パート・アルバイト 時給1.115円

ブランクがあっても働ける保育士求人の平均給料は上記の通りです。
全体の平均給料と比較すると正社員・正職員の給料が数千円だけ高い傾向にありましたが、前述した通りブランクが長い人は負担の少ないパートでまずは働くことをお勧めします。

保育士パートの求人はこちら

ブランク可の保育士求人の雇用形態の割合

雇用形態 求人割合
正社員・正職員 55%
契約社員 4%
パート・アルバイト 41%

ブランクでも働ける保育士求人の雇用形態別の割合は上記の通りです。
全体と比較してもそこまで求人の割合に違いはないので、ブランクがあっても雇いたいという保育施設が多いと言えるでしょう。

まとめ

ブランクのある保育士は働く上でさまざまなことに不安を感じているかもしれません。
しかし、現場からは手のかかる新卒よりも経験の積んだ保育士を雇いたいという声が多いので、自信を持って求人を探してください。

ブランク可の保育士求人はこちら
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら