転職したい保育士必見!失敗しない保育園の選び方とは?

転職したい保育士必見!失敗しない保育園の選び方とは?

現在は転職が当たり前になりつつありますが、保育士の業界も売り手市場が続いており、また離職率も高い業界の1つです。転職する理由はさまざまあると思いますが、希望通りの転職ができない人や、どのように保育園を選べば良いのか分からないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、転職するときの保育園の選び方についてポイントをおさえながらお話しします!

保育園選びのポイント3つ

保育園を探す際におさえておくべきポイントは大きく3つあります。転職することを決めて求人サイトや求人票を見たものの何を重視すべきか分からないという人は、このポイントを頭に入れて探し始めると良いかもしれません。

保育方針を確認する

保育方針は、保育士として働くうえでとても重要な部分になります。勉強や運動の授業を決めてしっかり取り組む保育園もあれば、子どもたちの主体性を優先する保育方針の園もあります。あなたにとって理想の保育や大切にしていることは何か、転職を機に改めて考えてみると良いでしょう。

労働環境や福利厚生が整っているかどうか確認する

保育士の仕事は、勤務時間も長く業務量も多いです。にもかかわらず、ほかの業種に比べるとお給料が低い実情もあります。また、残業時間の管理ができていなかったり常に人員不足でぎりぎりの保育を行っていたり、いわゆるブラック保育園が存在するのも事実です。そのような保育園に転職しないためにも、労働環境や福利厚生についても確認しましょう。

賞与ありの保育士の求人はこちら

人間関係について

転職する理由として多くあげられるのが人間関係の難しさです。保育士は女性が多い職場のため、人間関係のトラブルはかなり多いようですね。ぜひ一度園見学を行い、園の雰囲気や働く保育士の様子を見てみることをおすすめします。

転職する時にやってはいけない注意点2つ

次に、保育士が転職する時にやってしまいがちな注意点についてお話しします。この点に注意しないと、せっかく転職をしても後悔してしまうかもしれません・・。

曖昧な条件で保育園を選ばない

先に保育園選びのポイント3つをお話ししましたが、まずはあなたの希望や理想とする保育士の働き方を決めることが大切です。はじめに転職の軸となるものを決めずに曖昧に転職活動をすると、きっと後悔してしまいます。保育士として譲れないものは何かを決めてから動き出しましょう。

正確な情報集めが大切

転職で失敗しないためには、正確な転職情報を集めることが大切です。保育士が職場を決めたポイントに、家から近いからとか採用されたから、知人の紹介などあまり条件面を重視せずに選ぶ人も多いです。実際に働いてみると、お給料面や福利厚生面、人間関係などで退職する保育士が非常に多いです。まさに情報をしっかり入手せずに転職してしまったからでしょう。そのため、保育園を選ぶ際にはできるだけ情報を集めて決めることが重要です。

保育士の求人はこちら

転職サイトの利用がおすすめ

保育園を選ぶことに迷ったり悩んだりしたら、保育士の転職に特化した紹介会社を利用することをおすすめします。
メリットとしては、
・プロのアドバイザーのため保育士の業界に詳しい
・悩み相談ができる
・好条件の保育園を紹介、また条件交渉をしてくれる
などがあります。一人で悩んでいる人や、仕事が忙しくて探す時間がない人は利用してみると良いかもしれません。

まとめ

今回は、転職する際の保育園選びのポイントについてお話ししました。都市部を中心に保育士不足は続いており、転職は難しいことではありません。だからこそ、転職する理由を考え軸となるものを決めて、自分に合った保育園を選べるようにしましょう。

保育士の求人はこちら
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら