保育士の転職活動に最適な服装とは?

保育士の転職活動に最適な服装とは?

保育士の職場ではTシャツやジャージなどの動きやすい服装が仕事着ですが、転職活動ではどんな服装が相応しいのでしょうか?面接では言葉遣いや受け答えも大切ですが、第一印象もとても重要になってきます。今回は、保育士が転職活動するときの適切な服装について考えてみたいと思います。

転職活動の服装を選ぶ際の注意点

面接では保育士として自分の良さをアピールする場所です。面接する人に悪い印象を与えてしまっては、せっかく良いことを話しても相手には伝わらないかもしれません。見た目で悪い印象を与えないために、服装を選ぶ際の注意点をまとめてみました。

注意点1 服装が派手すぎてはいないか注意する

あたなが面接官だとして、面接に来た保育士がとても明るい髪型でネイルやアクセサリーをしていて、華美な服装をしていたらどう思いますか?保育士として一緒に働きたいと思うでしょうか?思わないですよね。面接はおしゃれを披露する場所ではなく、保育士としての魅力を伝える場所です。おしゃれは控えめにして清潔感のある服装を心がけましょう。

注意点2 しわや汚れのついた服装になっていないか、事前に確認する

先ほどの清潔感と繋がるお話しですが、シャツにしわがついていたりズボンがしみで汚れていたりしませんか?面接当日に準備しようとすると、しわやしみに気付かないまま着てしまうかもしれません。服装も事前に準備して、シャツにはアイロンを掛け整えておくようにしましょう。

保育士の求人はこちら

保育士の転職活動におすすめの服装

服装を選ぶ際の注意点が分かったところで、次は具体的にどんな服装が相応しいのかお話ししていきます。

スーツ

新卒や中途、年齢問わず、服装の指定がない場合はスーツを着るのが望ましいでしょう。中に着るワイシャツやブラウスは白色、もしくは淡い色であれば問題ないようです。夏に面接を受けるときは、ジャケットは手にもっておき、会場に着いたら建物に入る前に着用しましょう。夏の強い日差しのなかジャケットを着ていると汗を大量にかいてしまったり、熱中症にかかったりする恐れもあります。十分注意しましょう。また冬の転職活動では、コートは会場に入る前に脱ぐのがマナーです。

私服

保育園の中には、面接時の服装は私服と指定しているところもあります。その場合は、あまり華美にならないよう、無地やボーダーなどの落ち着いた色味や柄を選ぶようにしましょう。服装に合わせて靴やバッグもシンプルなものを選ぶようにします。

転職活動の際の服装以外の身だしなみについて

保育士の転職活動では、服装とともに気を付けたい身だしなみがあります。ここでポイントを抑えて、第一印象を完璧にしましょう!

髪型

頭部は視線に入りやすい場所なので、清潔感のある髪型を心掛けましょう。女性の場合、長い髪は一つにまとめ、お辞儀したときに前髪が動かないようにピンでとめるようにしましょう。男性の場合は、おでこや耳回りを出し襟足は短くすると、より爽やかな印象になります。

足元は見られていないから大丈夫、と思っている人はいませんか?実は、足元が格好悪いとすべて台無しになってしまうくらい大切な身だしなみなのです。かかとのすり減ったパンプスや、汚れがついている靴を履いていると良い印象は与えないでしょう。前日までに靴の状態も良くしておくことをおすすめします。

まとめ

保育士の転職活動に相応しい服装についてお話ししました。完璧な身だしなみができれば、自然と表情も明るくなり、立ち振る舞いもしっかりできるのではないでしょうか。ぜひ自信をもって面接に臨んで、転職活動を乗り切ることができると良いですね!

保育士の求人はこちら
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら