保育士の転職は難しい?その理由と成功させる方法をご紹介

保育士の転職は難しい?その理由と成功させる方法をご紹介

待機児童問題や保育士不足が社会問題となっていることから、保育士の需要は都市部を中心に依然として高い状況にあります。とはいえ、保育士が転職しやすい環境になっているというわけではなく、保育士が希望通りの転職をするのは難しい部分があります。今回は保育士の転職が難しいと言われている理由と、その中でも転職を成功させるためにはどうすれば良いのかを考えてみたいと思います。

保育士の転職が難しい理由

はじめに、保育士の転職が難しいと言われている理由について考えてみました。国家資格でもある保育士の仕事ですが、希望通りの転職がなかなか難しいのはなぜでしょうか。

雇用形態

保育士の転職が難しい理由の1つが雇用形態です。保育士はとても忙しく業務量も多いため拘束時間も長くなりがちです。そのため、転職を希望する多くの保育士は正社員雇用を優先して求人を探しますが、一方で採用する保育園側は人件費を抑えることを目的にパートやアルバイトの募集をすることが多いのです。正社員の募集が少ないところに多くの転職者が応募するため、結果として希望通りに転職できる人は限られてしまうという現状があるようです。

年齢

転職をする保育士の中には、30代~40代の人もいますよね。結婚や出産を機に一度仕事を離れ、育児や家事が落ち着いてきたきっかけで保育士として復帰したいという方も多いと思います。保育士の仕事は40代という年代でも転職先を見つけることは可能ですが、体力面や柔軟性の観点から20代に比べると採用されにくいのは事実としてあります。

40代歓迎の保育士の求人はこちら

保育士に求めるスキルが高くなっている

全体的に保育士に求める条件が厳しくなっているというといことも、転職が難しい理由の1つとしてあるようです。転職の場合は、前の職場で経験したことや身に付けたスキルを聞かれ、つまり即戦力となる人材かどうかが見られています。保育士資格を持っているだけでなく、カリキュラムが立てられたり事務処理業務も対応できたりするなど、得意とすることを持っていることが求められる場合もあります。

保育士の転職を成功させるためには

しかし、保育士の転職が難しい現状があるからといって、転職を諦める必要はありません!希望通りの転職を成功させるためにはポイントがあります。

転職条件の優先順位を決める

あれもこれもとたくさん希望や条件があると転職活動中にぶれが生じ、転職が上手くいかなくなることもあります。保育士としてどうしても譲れない条件を1つだけ決めたら、後はどんなことにも対応する気持ちで仕事探しをする事も大切です。 自分が希望する条件に優先順位を決めて、1つでもかなっていれば応募してみる、自分が希望する条件を2つも満たしている転職先なら、これはもう全力でぶつかるつもりの意気込みで仕事探しをしましょう。そうすれば、きっと熱意が伝わって採用に近づくはずです。

事務処理能力を身に付ける

保育士の主な仕事は、子どもに寄り添って保育をすることです。しかし、保育を行うにあたり、園だよりを作成したり役所への提出書類を作成したり、一般事務の仕事も多くあります。20代の保育士と比べると、30代~40代の保育士はこのような事務仕事も多く経験しているとみなされます。30歳以上の転職者に、書類作成を担当したり若手の保育士さんに指導したりといった役割を期待する職場も多いようです。30歳以上の保育士が転職する場合は、事務処理能力を含めた業務全般をそつなくこなす能力を持っているととても有利になるでしょう。

まとめ

保育士の転職が難しい理由についてご理解いただけたでしょうか。保育士は、国家資格の仕事に比べ転職が難しいと言われています。また給料の問題、業務量の多さ、人間関係の難しさなど、業界全体として抱えている問題も多くありますが、無事に転職を成功させ理想の保育を目指せると良いですね!

保育士の求人はこちら
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら