転職で失敗しない保育士の髪色とは?

転職で失敗しない保育士の髪色とは?

保育士の転職でも一般企業の転職でも、面接では第一印象がとても重要です。清潔感のある身だしなみを心がけ、見た目から誠実さが伝わるよう意識しましょう。身だしなみの中でも、「髪色は何色ならセーフなのか?」と悩む保育士さんは多いようです。そこで今回は、保育士が転職する時に気を付けたい髪色についてお話しします。

転職活動中におすすめの髪色

「面接の時は黒髪じゃないとだめなの?」と悩む保育士も多いと思います。自分の髪色が面接担当者に対してどのような印象を与えるかを考えて判断することが大切です。

黒髪

黒髪は誠実さや落ち着いた印象を与えるので、面接時に最もおすすめしたい色です。特に歴史の長い保育園の面接や、園長や主任などの役職枠の面接を受ける際は、黒髪にして受けるのが良いでしょう。

自然な茶色

地肌や瞳の色に合わせて、馴染みやすいナチュラルブラウンも良いでしょう。ただし、明るすぎると不自然になってしまうので、一般的に転職活動では8トーン以下の髪色までにとどめるのが無難です。

髪色の自由がきく保育園を見つける方法とは?

髪色に関しての決まりは、保育園ごとに異なります。また最近はカラーに関してきびしい決まりを定めるところは少なくなってきており、ヘアカラーOKとしている保育園もあります。では、髪色に関して比較的自由な保育園を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか?

方法1 園見学やホームページでチェックする

応募や面接の前に、園見学を実施している保育園もあります。実際に足を運んで、働く先生の髪色を確認してみましょう。また、園見学をすることで保育園の雰囲気も分かり自分が保育士として働くイメージもつきやすいかもしれません。ほかにも、保育園のホームページ等で保育士の紹介や保育園の様子を公開している保育園もありますので確認することができます。あわせてチェックしてみましょう。

方法2 保育士求人サイトで「ヘアカラーOK」の条件を探す

保育士専門の求人サイトや人材紹介サイトを利用して、ヘアカラーOKの保育園を探すことも可能です。髪色自由、という保育園は少ないかもしれませんが、規定内のカラーはOKとしている保育園もあります。

まとめ

保育士の髪色は黒髪でないといけない、という保育園は減ってきているようです。が、転職活動中は清潔感と誠実さを意識した髪色を心掛け、いつでも面接ができるようにしておきましょう。面接は第一印象で決まると言われるほど、見た目がとても大切です。保育士として魅力を十分伝えられるように、髪色や髪型も事前にチェックしましょうね!

保育士の求人はこちら
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら