保育士からOLへ転職はできる?仕事の違いや生かせるスキルについて

保育士の仕事は想像以上に体力を必要とし、また持ち帰り残業や同僚や保護者との人間関係など、いろいろな悩みやストレスを抱えている方も多いかと思います。保育士の仕事を離れたいと考えている人の中には、デスクワーク中心の事務職、いわゆるOLへの転職を検討する方が多いです。 そこで今回は、保育士からOLへの転職はできるのか、また転職するメリットやデメリットについて考えてみました。

保育士からOLへの転職はできる?

結論からお伝えすると、保育士からOLへ転職することは可能です。ですから、「保育士は保育士への転職しかできないのではないか」「パソコンが苦手だから不安だな」と思っている保育士さん、すぐに諦めなくても大丈夫です。ただし、保育士と事務系の仕事では業務内容が異なりますので、OLへ転職するメリットとデメリット両方があることを覚えておくと良いかもしれないですね。

OLへ転職するメリット

給与

やはり給与面は気になる部分ですよね。保育士が低すぎるという問題もありますが、保育士よりもOLの方がお給料は高いです。保育士は年収300万円にも届かないこともありますが、一般企業の事務職で350万円を超えるところもあります。

福利厚生

保育士はサービス残業や持ち帰り仕事、難しい人間関係など、いろいろな問題点が多い仕事です。一方、OLの仕事は基本的に定時退社ができ、月の残業時間も10~20時間以内に収まることが多いです。有休もしっかり使えることも大きなメリットです。

OLへ転職するデメリット

仕事は仕事、と割り切る必要がある

保育士とOLの仕事はまるで違います。子どもが好きで保育士を目指した方もいるかと思いますが、一般企業には当たり前ですが子どもはいません。そして、事務職は雑用を任せられることが多いです。電話対応や印刷の対応など、決して楽しいとは言えない業務もあるため、仕事だと思い割り切って取り組めるかどうか考える必要はありますね。

デスクワークスキルが満たない

先ほどデスクワークが未経験の保育士でもOLへの転職は可能とお伝えしましたが、OLはデスクワークが中心です。そのためパソコンスキルや、電話や受付対応などの一般スキルは必須です。未経験の保育士さんにとっては、転職後はじめは慣れるまでに苦労するかもしれません。

保育士の仕事との違い

前述したように、保育士とOLの仕事内容は全く違います。具体的にどのような違いがあるのか考えてみましょう。

子どもがいない

OLが働く一般企業には子どもたちはいません。子どもが好きで保育士になった方や、子どもの日々の成長を見てやりがいを感じることができる保育士さんもたくさんいると思います。そのため一般企業へ転職すると、少しギャップを感じるかもしれません。

立ち仕事から座り仕事中心へ

保育士の仕事は室内外を1日中動いていて、座る機会の少ない仕事です。一方で、OLは パソコンとにらめっこする仕事が多く立ち上がることはほとんどありません。動くことが少ない分、体力的に楽になるかもしれません。自分にとって、どちらが向いているか検討してみると良いですね。

保育士のスキルを活かせるOL以外の仕事

ここまで保育士とOLを比較してきましたが、保育士からの転職できる職種はOLだけではありません。ほかにどういった職種があるのか考えてみましょう。

保育園事務

保育士のスキルを活かせる仕事として保育園事務があります。WordやExcelなどのパソコンスキルは必要となりますが、デスクワークでありながら保育に関わり続けられるのはとても理想的ですね。

保育園事務の求人はこちら

まとめ

今回は保育士からOLへの転職についてお話ししました。保育士とOLは仕事内容が全く違います。そのため、自分にとって仕事のやりがいは何か、またどのようなことに楽しさを見出すことができるのか、もう一度考えてみましょう。また、保育士からの転職はOL以外にもあります。視野を広げて考えてみると良いかもしれません。

保育園事務の求人はこちら
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら