保育士の資格取得のための費用を徹底解説

保育士の資格取得のための費用を徹底解説

保育士の資格を取りたいと思っても費用がどのくらい必要なのかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで、保育士の資格を取得するためにかかる費用を学習方法別にまとめたので、よかったら参考にしてください。

【学習方法別】保育士の資格取得にかかる費用

保育士の資格を取得するには「独学」「通学」「通信講座」の3つの学習方法があり、各方法で費用が大きく異なります。それぞれの費用をご紹介していきます。

独学で保育士の資格を取得する場合

独学で保育士を目指す場合にかかる費用は、「教材費:任意」「受験料:12,950円」「登録手数料:4,200円」の3つが必要で、3つの学習方法の中では費用を最も抑えた方法になります。ただ、座学だけであれば独学でも十分に対応できるかもしれませんが、保育士の場合は造形や音楽の実技試験があり、独学では難しい場合もあるので、実技科目だけ他人から学ぶ必要があるかもしれません。

通学して保育士の資格を取得する場合

通学して保育士を目指す場合にかかる費用は、「授業料:200万円程度(大学)、30万円程度(専門スクール)」「受験料:12,950円(専門スクール)」「登録手数料:4,200円(専門スクール)」の3つが必要で、3つの学習方法の中では費用が最もかかる方法になります。しかし高いからこそサポートも充実しており、やはり対面で先生や同じ目標を持つ仲間に相談できるのは心強いので、お金はかかっても保育士に絶対になりたいという人は通学を選択しましょう。

通信講座で保育士の資格を取得する場合

通信講座を受講して保育士を目指す場合にかかる費用は、「受講料:平均6万円程度」「受験料:12,950円」「登録手数料:4,200円」の3つが必要で、3つの学習方法の中では費用が2番目に抑えられる方法になります。対面ではないもののサポートも充実しており、自分のペースで勉強できたり質問しやすい環境が整っていたりするので、基本的に勉強は自分でどんどん進めたいけど、わからないところがあればすぐ質問して解決したいという人は通信講座を選択してください。

保育士の資格取得のために費用面でも実績面でもおすすめの方法とは?

これまで保育士の資格を取得するために3つの方法をご紹介してきました。

保育士を目指す方の状況次第でおすすめする方法は変わってきてしまいますが、万人におすすめできるのは通信講座です。費用も通学ほどかからず、独学よりも試験に対する不安を払拭できるので、安心して保育士資格取得を目指すことができるでしょう。
また、通信講座であれば働きながら保育士資格を目指すことも可能です。無資格パートとして保育園に勤務しながら実務をこなしておくと、保育士資格をとってからの仕事のイメージがつきやすいので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

「独学」「通学」「通信講座」と3つの学習方法で保育士の資格取得を目指した場合の費用やメリットはなんとなくイメージできたでしょうか?
必ずしも費用が高いからおすすめというわけではないので、自分に合った学習方法で保育士資格の取得を目指してください。もし資格取得を目指す前に保育園の現場を知りたいという人は、無資格でもOKの保育士求人も数多くあるので、応募してみてくださいね。

関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら