扶養内で保育士として働く上での注意点

扶養内で保育士として働く上での注意点

家族の扶養内で働きたいと考える保育士の方は多いと思いますが、いくらお得になるのか、年収はいくらまでが扶養内なのか?などわからない人も多いでしょう。そこで扶養内で保育士が働くメリットや方法、年収の壁などをご紹介します。

扶養内で保育士として働くメリット

扶養内で保育士として働いた場合にはどのようなメリットがあるのか?2つご紹介します。

税金の控除が受けられる

まず扶養内で働くと、扶養者(養ってくれている人)が所得控除を受けることができます。
控除とは一定の金額を差し引くということで、所得控除は課税対象となる所得金額を減らすことができるという意味です。

注意して欲しい点が、所得控除で38万円控除されたからといって38万円が戻ってくるというわけではなく、所得38万円分にかかる税金が戻ってくるだけなので過度な期待は禁物です。

自分のペースで働ける

扶養内で働くということは年収を抑える必要があるので、自然と勤務時間も短くなります。
フルタイムや週5日働いていると自分の時間が作れなかったりしますが、扶養内だと時間に自由が持てるという点をメリットに感じている人も多いようです。

保育士パートの求人はこちら

扶養内で働くための条件

扶養内で働くということは、配偶者や扶養親族になるということなのですが、控除対象となる配偶者と扶養親族の条件は下記のように定められています。

  • (1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。
  • (2) 納税者と生計を一にしていること。
  • (3) 年間の合計所得金額が48万円以下(令和元年分以前は38万円以下)であること。
    (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  • (4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。
引用:国税庁 No.1191 配偶者控除
  • (1) 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること。
  • (2) 納税者と生計を一にしていること。
  • (3) 年間の合計所得金額が48万円以下(令和元年分以前は38万円以下)であること。
    (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  • (4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。
引用:国税庁 No.1180 扶養控除

また、配偶者の場合は配偶者特別控除という上記とは別の下記の条件で控除を受けられるので、併せて確認してください。

  • (1) 控除を受ける納税者本人のその年における合計所得金額が1,000万円以下であること。
  • (2) 配偶者が、次の要件全てに当てはまること。
    • イ 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません)。
    • ロ 控除を受ける人と生計を一にしていること。
    • ハ その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。
    • ニ 年間の合計所得金額が48万円超133万円以下(平成30年分から令和元年分までは38万円を超え123万円以下、平成29年分までは38万円を超え76万円未満)であること。
  • (3) 配偶者が、配偶者特別控除を適用していないこと。
  • (4) 配偶者が、給与所得者の扶養控除等申告書又は従たる給与についての扶養控除等申告書に記載された源泉控除対象配偶者がある居住者として、源泉徴収されていないこと(配偶者が年末調整や確定申告で配偶者特別控除の適用を受けなかった場合等を除きます。)
  • (5) 配偶者が、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書に記載された源泉控除対象配偶者がある居住者として、源泉徴収されていないこと(配偶者が年末調整や確定申告で配偶者特別控除の適用を受けなかった場合等を除きます。)。
引用:国税庁 No.1195 配偶者特別控除

もし結婚して保育士として扶養内で働きたいという場合は、特別控除の方が働ける時間も収入も多いので各条件を確認しておきましょう。

扶養内で考えるべき年収の壁

保育士として扶養内で働くためには年収を一定額まで抑える必要があり、年収を一定額超えてしまうと扶養に入っているのに税金や社会保険などの負担が発生してしまうので、各年収の壁ではどんな費用が発生してしまうのかを確認してください。

年収100万円の壁

年収が100万円を超えると住民税を負担する必要があり、翌年に働いていてもいなくても翌年4月〜翌々年3月の間に納税しなければなりません。

年収103万円の壁

年収が103万円を超えると所得税を負担する必要があるのですが、全員が負担する必要はなく、配偶者の所得によっては負担する必要がなくなります。
先ほど引用して紹介した通り、配偶者の所得が1,000万円以下であれば配偶者特別控除の対象となるので、103万円までに抑える必要はないです。

年収106万円の壁

年収106万円を超えると社会保険に加入しなければならない可能性があり、以下の条件に当てはまると加入する必要があります。

  • 勤務時間が週に20時間以上
  • 月に88,000円以上稼いでいる
  • 社会保険の被保険者である従業員が501人以上いる企業に勤めている
  • 1年以上同じ企業に務める予定がある
  • 学生ではない

上記は1つでも当てはまればというわけではなく、すべての条件を満たした場合のみ加入する必要があるので、扶養内で働こうと思っている保育施設ではどうなのかを調べておきましょう。

年収130万円の壁

年収130万円を超えると扶養を外れて社会保険に加入する必要があります。
社会保険に加入すると年間で14%程度引かれてしまうので、130万円は超えないようにしておくことをおすすめします。

年収150万円の壁

年収150万円を超えると、配偶者特別控除の控除額が徐々に減っていき、201万円になると控除額が0円になります。
もちろん社会保険にも加入している状態なので、扶養内の恩恵を受けるのであれば130万円がお得と言えるでしょう。

扶養内で保育士として働く方法

最後に扶養内で保育士として働く方法をご紹介します。

扶養内であることを面接時に伝える

転職に不利になると思って面接で伏せる人もいるかもしれませんが、必ず扶養内で働きたいと伝えましょう。
時短パートの応募であっても伝えておかないと、入園後にトラブルとなってしまう可能性もあるので注意してください。

また、求人の中には扶養内OKと記載しているケースもあるので、該当する求人を積極的に選ぶと話がスムーズでしょう。

週に数回パートとして働く

保育士として扶養内で働くなら出勤日数を減らすか、1日の働く時間を短くする必要があり、出勤日数を減らして働いている保育士の方も多いです。
仮に年収130万円抑えたいのであれば、月に10万円程度、日に8000円稼ぐとしたら、1か月で12.5日出勤する必要があり、週3程度パートで働けばちょうど良いということになります。

週3勤務であればプライベートの時間も確保しやすいので、しっかり休みを取りたい方にとっておすすめの働き方と言えます。

時間帯を絞ってパートとして働く

1日の働く時間を減らして働いている保育士の方もいます。
仮に年収130万円に抑えたいのであれば、月に10万円程度、時給1,200円としたら、1か月で83時間働く必要があり、週5日4時間のみパートで働けばちょうど良いということになります。

時短勤務は子どもが学校に行っている間だけ働くようなこともできるので、時間を効率的に使いたい人にとっておすすめの働き方と言えるでしょう。

まとめ

扶養内で保育士として働きたいのであれば、必ず年収を意識してシフトを組むようにしましょう。
また、これから転職を考えている人は、面接時に「扶養内希望」と伝えておくことでスムーズに進むので、忘れずに伝えるようにしてください。

保育士の求人はこちら
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら