仕事を探す保育士さんに全ての情報を「ほいてんサーチ」

社会人から保育士になるためのノウハウ

社会人から保育士になるためのノウハウ

社会人が保育士になるためには学校に行かなくても保育士資格を取得さえすればなれるので、目指す人は少なくありません。この記事では社会人が保育士を目指す上での注意点や方法をご紹介していきます。

目次
  1. 社会人から保育士になる上での注意点
    1. 年齢が若いほど転職は有利
    2. 資格は取っておいた方が良い
  2. 社会人から保育士になる方法
    1. 保育士試験を受験して資格を取得する
    2. 無資格で保育補助として働く
  3. まとめ

社会人から保育士になる上での注意点

まず社会人が保育士になる上で注意してほしいことをご紹介します。保育士になろうとして動き出す前に、以下の注意点を認識してから動いてください。

年齢が若いほど転職は有利

何歳であっても社会人から保育士を目指すことはできて働くこともできますが、未経験の場合には年齢というハードルがあるということを認識しましょう。
表向きは年齢不問と記載してあったとしても、年齢が高すぎると断られてしまうこともあります。

他の職種と同様に保育士の場合でも若い方が有利になるので、なりたいと思ったら早め早めに動き出してください。

資格は取っておいた方が良い

無資格であっても働ける保育施設もありますがほぼパートの求人なので、社会人から未経験で保育士の正社員を目指すのであれば資格を取りましょう。
資格と聞くと学校に通わなければ取得できないイメージもあるかもしれませんが、保育士の資格は学校に通わなくても取得できるので社会人であっても比較的取得しやすい資格となっています。

すぐに保育士として働きたいという人であっても、無資格だと正社員で働けない可能性が高いのでまずは資格を取得しましょう。

社会人から保育士になる方法

具体的に社会人から保育士になるためにはどのような行動を取るべきなのか?その方法をご紹介します。

保育士試験を受験して資格を取得する

まず一つは保育士試験を受験して資格を取得するという方法です。
保育士養成学校を卒業しても資格を取得できますが、保育士試験を受験しても保育士資格は取得でき、受験するさえあれば忙しい社会人でも資格取得することができるので一般的と言えるでしょう。

ただ受験する時間があっても勉強しなければ合格することは難しいので、いつまでに保育士資格を取得するのか目標を決めて自分のペースで勉強するようにしてください。
もし独学で勉強することに限界を感じたら、学校や通信講座を活用して目標達成を目指しましょう。

無資格で保育補助として働く

資格を取得しなくても保育園で働くことはできます。ただその雇用のほとんどが保育士のパートとしての雇用で、給料も資格持ちよりも少ない給料で働かなければなりません。

ただ保育園で働いてから資格を取得したいという人は、自分が保育士に合っているかどうかを確認してから資格取得を目指すことになると思うので、資格を取得した後でやっぱり違ったかもと後悔することは少ないと言えます。

無資格可の保育士求人はこちら

まとめ

保育士に社会人から目指す場合、まず資格を取得するのか、実際にいきなり保育園で働くのかの2パターンに分かれます。
ただ実際にいきなり保育園で働く場合は給料も下がってしまうので、自分の置かれている状況を把握し、最適な方法で保育士を目指すようにしてください。

  • twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
とにかく早く
転職したい方に最適!

簡単求人検索で
理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国にある保育園の求人を掲載
  • 駅名検索で近所の求人が見つかる
簡単求人検索はこちら
じっくり自分に合った
保育園を探したい人に最適!

登録するだけで!
理想の保育園が必ず見つかる

  • 会員なら口コミを見放題
  • 気になる求人はキープできるから安心
  • 転職に役立つ資料がダウンロード可能
無料会員登録はこちら