仕事を探す保育士さんに全ての情報を「ほいてんサーチ」

保育士の面接で伝えるべき転職理由とは?

保育士として働いていて、「転職したい」「理想とする保育ができない」「こんなはずじゃなかった」と思ったことはありませんか?円満な理由で転職できる場合もあれば、ネガティブな理由の場合もあると思います。今回は、保育士のよくある転職理由と、また転職の面接時に上手に転職理由を話す方法について考えたいと思います。

目次
  1. よくある保育士の転職理由
    1. 保育方針が合わないため
    2. 人間関係に悩んだため
    3. 収入面や勤務時間の条件ミスマッチがあるため
  2. 保育士の面接で伝えるべき印象の良い転職理由の例
    1. 例1「前職の保育方針が、私の保育士としての理想像と異なっていたため退職することを決めました。貴園は子どもの自主性を育むことを大切にしており、私の理想とする保育が実現できるのではないかと考えています。」
    2. 例2「前職では、横並びの評価体制でした。能力に応じた評価をしていただける保育園で、さらに頑張りたいと思い転職を決めました。」
  3. 保育士の面接で避けるべきNGな転職理由の例
    1. 例1「園長にいじめられていたので辞めました。」
    2. 例2「給料があまりにも低く生活ができないと思い転職しました。」
  4. まとめ

よくある保育士の転職理由

保育士が転職を決めるのはどんな理由があるのでしょうか?よくある転職理由をまとめました。理由を見ると、保育士が抱える悩みや本音が見えてきますね。

保育方針が合わないため

保育士の多くは子どもたちを一番に考え、成長をサポートするために熱意を持って保育士になっています。しかし、保育園の中には利益や合理性を最優先にするところもあるようです。また、保育士の意見や声が届かずトップダウンの経営をしている保育園もあります。そのような保育園は少数だと思いますが、保育園の方針やルールが受け入れられず転職を考える保育士もいるようです。

人間関係に悩んだため

保育士の多くは女性です。そのため女性ならではの人間関係が存在するのも事実です。保育士の間で派閥ができたり、上司のお気に入りかどうかで昇給が決まったり・・・。理想の保育を実現するどころか、人間関係の悩みで精神的に疲弊してしまい転職する保育士も多いようです。保育士業界は、女性社会のネガティブな部分が根強く残ってしまっているのが現状かもしれません。

収入面や勤務時間の条件ミスマッチがあるため

保育士の業務量はお給料に見合っていない、という問題は社会的にも問題視されており改善を進めている部分もありますが、転職理由として多いのが現状です。

保育士の求人・転職はこちら

保育士の面接で伝えるべき印象の良い転職理由の例

2保育士のよくある転職理由が分かったところで、では実際に転職する時に、面接の場面で転職理由を聞かれたらどのように答えるのが望ましいのでしょうか?まずは印象の良い転職理由について考えてみます。

例1「前職の保育方針が、私の保育士としての理想像と異なっていたため退職することを決めました。貴園は子どもの自主性を育むことを大切にしており、私の理想とする保育が実現できるのではないかと考えています。」

保育方針の不一致は正直に話しても問題ないと思いますが、ネガティブな理由を話す場合はどのように改善したいかまで話し、前向きな言葉も付け加えるようにしましょう。

例2「前職では、横並びの評価体制でした。能力に応じた評価をしていただける保育園で、さらに頑張りたいと思い転職を決めました。」

収入面の不満を正直に伝えると、さらに給料の良い保育園へ行ってしまうのではないかと採用担当者も不安になるかもしれません。能力に応じた評価が仕事のモチベーションへ繋がるという伝え方だと良いでしょう。

保育士の面接で避けるべきNGな転職理由の例

次に保育士の面接時にNGな転職理由をお話しします。ネガティブな理由を話してしまうと採用担当者も不安になりますし、一緒に働きたいとは思わないかもしれないですよね。その点を気を付けながら話しましょう。

例1「園長にいじめられていたので辞めました。」

「いじめ」というネガティブなワードを正直に伝えると良い印象は持ってもらえないでしょう。面接は保育士として自身をアピールする場所ですから、そのことを忘れずに話しましょう。「いじめられていた」よりも「前職の先生と保育方針が合わず話し合いを重ねたができなかった」という伝え方の方が、改善しようとした姿が見られ印象は良くなると思います。

例2「給料があまりにも低く生活ができないと思い転職しました。」

待遇面は保育業務とは直接的な関係がないため、そのまま伝えるのは避けたいですね。任された業務や能力に対してきちんと評価されなかったという理由が望ましいでしょう。

まとめ

今回は保育士の主な転職理由と、転職の面接時での退職理由の正しい伝え方についてお話ししました。保育士として自分が能力を発揮できる環境で働くことが大切です。転職の面接でも熱意を伝えられるように、退職理由についてもひと工夫して伝えられるといいですね。

保育士の求人・転職はこちら
  • twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン
関連する記事
理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
とにかく早く
転職したい方に最適!

簡単求人検索で
理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国にある保育園の求人を掲載
  • 駅名検索で近所の求人が見つかる
簡単求人検索はこちら
じっくり自分に合った
保育園を探したい人に最適!

登録するだけで!
理想の保育園が必ず見つかる

  • 会員なら口コミを見放題
  • 気になる求人はキープできるから安心
  • 転職に役立つ資料がダウンロード可能
無料会員登録はこちら