失敗しにくい履歴書の書き方について

失敗しにくい履歴書の書き方について

保育業界に限らず求人に応募する際には、ほとんどの保育施設で履歴書の提出を求められます。
しかし履歴書は出せば良いものではなく、選考の一つなのでしっかりと作り込むことが大切です。

そこで!履歴書で失敗しないためにはどのように作成すれば良いのか、詳しく解説していきます。

履歴書が必要な理由

履歴書が必要な理由

失敗しにくい履歴書を書くためには、保育施設がなぜ履歴書を必要としているのかを理解することが大切です。
なので、まずは履歴書が必要な理由を理解しましょう。

職場への適性を判断する

求人に応募した段階では基本的な情報しかないため、本当に職場に適した人材ということを判断することは難しいです。
そこで保育施設は履歴書を送ってもらい、経歴や資格、住所などの情報から職場への適性があるのかを判断しています。

面接時の質問を事前に考える

自分がその職場でやりがいをもって働いていけるのか?入職前に思い描いていた理想とのギャップが無いように、
仕事内容の掘り下げができるような内容の質問を考え、面接に臨みます。
※求人票でわかる情報は聞かないほうが良いです。

面接官が面接後に印象を振り返る

採用活動を行っている保育施設の場合、同時に複数人の採用選考が進んでいる可能性が高いです。
複数人の選考を同時にやっているなら必ず比較するので、後から履歴書を見て面接時のイメージが思い出されるようになることが大切です。

履歴書を保育施設が必要としている理由は以上となります。
理由からわかるように履歴書を書く際には「職場への適性アピール」「面接時の質問を想定すること」「面接と履歴書の内容に一貫性をもたせて印象に残ること」が大切です。

履歴書を書く際に必要なもの

履歴書を書く際に必要なもの
  • 履歴書
  • 黒字ボールペン
  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影)
  • 印鑑

履歴書を書く際には最低限以上のものが必要になります。
特に証明写真は忘れがちで、履歴書を書いたと思っても証明写真を貼り付け忘れたということはよくあるので、就職・転職活動を考え始めたら最初に撮っておきましょう。
また、証明写真を撮る際に服装で悩む人も多いと思いますが、私服でも綺麗かつ顔がはっきり見える写真であれば問題のないケースが多いです。
ただ働く場所によってはスーツ以外はNGというケースもあるので、スーツで撮影する事をおすすめします。

失敗しにくい履歴書を書く方法

失敗しにくい履歴書を書く方法
  • 履歴書の内容に嘘を書かない
  • 空欄をできるだけ作らない

失敗しにくい履歴書を書く方法として、特に大切なのは上記2点です。
大切なポイントなのでしっかり押さえておきましょう。

履歴書の内容に嘘を書かない

履歴書は自由に書けるため、情報が正しいかの判断ができません。
そのため面接時に整合性を取るのですが、履歴書で嘘をついていると面接で矛盾が生じてしまう可能性が高いです。
なので、履歴書には嘘を書かないで真実を書いてください。

空欄をできるだけ作らない

自己PRや志望動機といった欄で空欄が目立ってしまうと、保育施設側の印象として「あまり志望度が高くない」と思われてしまいがちです。
履歴書でふるい落とされないためにも空欄を埋めて、保育施設への印象を「志望度が高そう」と思われるようにしましょう。

理想の保育求人を見つける
2つの方法をご紹介!
求人を探す時間のない人に最適!

登録するだけで理想の保育求人が見つかる

  • 条件にマッチしたスカウトメールが自動で届く
  • 入力した条件に応じておすすめの求人をご紹介
  • 必要なのは意思表示だけ!テンプレートで楽々返信
無料会員登録はこちら
求人検索が手間な人に最適!

簡単求人検索で理想の保育求人が見つかる

  • 最短10秒で理想の求人を検索できる
  • 全国の保育施設から厳選した求人を掲載
  • 気に入った求人はキープしてできるから安心
簡単求人検索はこちら